NEWS

毎日新聞でご紹介いただきました

メディア掲載

毎日新聞でご紹介いただきました

本文はこちらでご覧いただけます。毎日新聞『パラ開会式支えた「三角形」 仕掛け人・栗栖良依さんが語る舞台裏』
https://mainichi.jp/articles/20210825/k00/00m/050/067000c

更新日 : 2021.08.25

パラリンピック開会式が無事に終わり、大会が開幕しました

活動報告

パラリンピック開会式が無事に終わり、大会が開幕しました。

セレモニーが放送されてる最中から、本当に多くの方が「結実」って言葉を使い、「これまでの道のりを思い出しながら祈るようにテレビを観てます」ってメッセージを私に送ってくださいました。

そうなんです、あの多様性と調和が溢れたセレモニーは、一朝一夕に出来上がったものではなくて、ここまでの長ーい長ーい道のりを、本当に多くの方々のご支援とご協力のもとに歩んできたんです。

昨日、あの舞台に立ったのは600人を超える障害あるなしのキャストたち。その裏に1200人を超えるスタッフの方々がいました。
で、さらにその裏に数千人(いや多分もっとだろう)の尽力や支援があったと思います。

その全ての方々に、、、今、心から感謝いたします。

私は、2016年のリオ大会からステージアドバイザーとして、障害のあるキャスト、そしてアクセスコーディネーターやアカンパニストなどを率いて参戦しておりますが、彼ら彼女たちも、突然ここに至れたわけではありません。

SPIRAL、横浜市、東京港区、渋谷区観光協会、徳島神山町、
厚労省、文化庁、内閣府、日本財団、三菱財団、アーツカウンシル東京、国際交流基金、未来館、ビッグアイ、ラポール横浜、新豊洲ランニングスタジアム、ブリティッシュカウンシル、ケベック事務所、イスラエル大使館、SAFARI、ルフトツーク、TA-NET、手をつなぐ育成会、なごみの会、ピープルデザイン、太陽の家、東大病院、協進印刷、ミナ、ヤマハ&ヤマハ発動機、FREEing、ケンウッド、サン・クロレラ、リレイション、ブリヂストン、AXREAL、WR、パラトリやSLOWの活動に参加してくれたアーティストとスタッフの皆さん、、、他、

本当に国内外の多くの組織や個人の方々、アーティスト・技術者の皆さん、そして、その家族や友人、介助者や通訳の方々のご支援をいただきながら、リオ以前から、何度も何度も実験と失敗を繰り返し、みんなで生み出してきたものなのです。

果たしてそれが本当にパラリンピックの開会式で活かされる技術か否かもわからない時から、一世一代の大博打のような話を、「社会に必要である!」と信じてご支援くださいました。

コロナ以前の体制下では、私や私たちのチームにとっては、超逆境でしかなくて、もう無理。辞めたい。と何度も泣きました。みんなの期待に応えられないことに、ただただ負い目を感じつつ、この日本という国が抱える根深い問題に、完全お手上げ状態でした。

しかし、コロナ後に状況が一変。気がついたら、(既に報道されてる通り)コロナ前の企画が白紙になり、パラリンピックは、めちゃくちゃ風通しの良い新体制が再構築され、これまで築き上げてきたノウハウや技術を十二分に発揮できる状況になりました。

その甲斐もあり、創作現場はプロアマ、障害あるなしを超えて、とにかくみんな仲が良く、自分の得手不得手と互いの違いを認め合い、助け合い、支え合い、私たちがめざしていた、真の多様性と調和の景色が生み出されておりました。

8月に競技場入りしてからは、キャストたちを通じて、きっとこのポジティブなエネルギーが伝わるはず!という確信に変わり、とにかく早くみんなに届けたい!という、待ちきれない気持ちでいっぱいでした。

今回、初めて障害のある人と恊働を体験したプロフェッショナルの方々は、みなさん、楽しかった、またやりたいと言ってくださってますし、障害のあるキャストたちの元には、今、取材や出演のオファーなどが届き始めているようです。

さぁいよいよ解き放たれますよー、この個性豊かな人たちが!!!
開会式を観て、多様性と調和の景色が簡単に作れると思ったメディアやプロデューサーやイベンター・・・
きっと、なにこれ!?どうすんの!!???にいっぱいぶつかるでしょうね。
楽しみです!!!!!だって、その経験と対話を越えないことには、なにも始まらないから。

日本もまだまだ捨てたもんじゃない。
パラリンピック開会式を観て、そんな風に感じてもらえてたら幸いです。

そして、パラリンピアンたちのアツくてユニークな激闘にも、ぜひご注目を!!

*本当にたくさんの方のお世話になり、写真すら選びきれないので、代表して・・・森田かずよさんとの写真と共に全ての方に御礼申し上げさせていただきます!!!

更新日 : 2021.08.24

AERA 「現代の肖像」でご紹介いただきました

メディア掲載

AERA 「現代の肖像」でご紹介いただきました

現代の肖像コーナーで6ページにわたり、半生をご紹介いただきました。

更新日 : 2021.08.03

オリンピック開幕!

活動報告

オリンピック開幕!

四式典のグランドオープニングであるオリンピック開会式が昨晩開かれました!

まずはじめに、既に報道されているように、昨年の新型コロナウィルスによる延期が発表されて以降、私はオリンピックの企画、演出、スタッフ・クリエイター含むキャスティングには参加していません。

ネガティブな報道ばかりが目につきますが、実はその同じ場所で粛々と、とても大事なチャレンジをしていました。

その1.
今回、パフォーマーの中にインテグレイテッドダンスカンパニー響のダンサー(うち2名は車いすダンサー)さんたちが参加していました。本当はもっとたくさんの多様な障害のあるパフォーマーを出したかった!けど、叶わず、、、。それでも響のみなさんが多様性を代表して頑張ってくださいました。また、選手入場を盛り上げたアシスタントキャストの中にも障害のある方々が参加されていました。本当に長時間立ちっぱなしで大変だったと思いますが、皆さん思いっきり楽しんで参加してくださいました。こうした方々が安心安全に参加できるよう、私たちチームスローの面々で環境づくりや練習本番時のフォローなど全力サポートさせていただきました。

その2.
今大会は、スタジアムに入るまで式典の進行がわからない選手や、スタンドのお客様•関係者で視聴覚に障害のある方やもっと深く式典の内容を知りたい方に向けて、音声と多言語字幕によるコメンタリーガイド(各々の携帯から視聴)というものを用意しており、その監修をさせていただきました。いわゆる劇場で最近導入されている音声ガイドや字幕サービスの発展版のような形のもので、正解があるわけではなかったので、本当に試行錯誤しながら開発しました。式典は秘匿事項が多いので、本番まで得られない情報も多く、全てが手探りで連日リハーサルに通い詰めながら深夜まで作業を続けていました。これは、パラトリ2014と2017でお世話になった長谷川文さんと船本由佳さんというフリーアナウンサーのお二人が、台本作成から読み上げまでを一貫して担当してくださったお陰で実現できたこと。本当に熱心に何度も何度も推敲を重ね、「この情報はみんなに伝えたい!」とお二人の愛がたくさん詰まった内容でした。尚、中継に手話がついていなかったというご指摘がSNSで見受けられますが、会長挨拶時など会場内の大型ビジョンにはワイプで手話が入っておりました。

さて、オリンピック開会式は皆さんお察しの通りで、準備の過程から本番に至るまで、国際社会のスタンダードから取り残されたリアルジャパン全開の、日本の古い価値観や慣習が、本当に見事に何から何まで溢れ出したものとなりました。いつか我々日本国民が向き合わねばならなかった課題の数々。これから私たちがどのように向き合い、乗り越えていくのか、それが試されているのだと思います。そう、大事なのは、これから!!このウミだし、ここまで、延期前から含め、オリンピック開会式に携わってきた全ての方に「お疲れ様でした!!!」の拍手を送りたいです。

一方、パラリンピックはそんなオリンピックの裏で粛々と準備が進んでおります。こちらは、オリンピックとは異なり、昨年末に野村萬斎さん率いる総合プランニングチームが解散した後に、佐々木宏エグゼクティブクリエイティブディレクターが中心となって作ってこられた企画と体制をいったん白紙に戻して、新たなチームでパラリンピックを通じて伝えるべきメッセージや伝え方を再考して作り上げられた内容となっております。オリンピックの企画背景含むモヤモヤをスカッと吹き飛ばす、超絶ポジティブな内容になっているので、ぜひ皆さん楽しみにしていてほしいです!

更新日 : 2021.07.24

栗栖良依 クリエイティブプロデュース作品

活動報告

栗栖良依 クリエイティブプロデュース作品

この度、6月1日(火)~7月31日(土)の期間限定で、スローレーベルとTrue Colors Festivalの公式YouTubeチャンネルで全編映像を配信することに決定しました!

本文はこちらでご覧いただけます。SLOW LABEL『6/1~7/31全編映像配信決定!True Colors CIRCUS /SLOW CIRCUS PROJECT『T∞KY∞ ~虫のいい話~』』
https://www.slowlabel.info/news/5256/

更新日 : 2021.05.27

産経新聞でご紹介いただきました

メディア掲載

産経新聞でご紹介いただきました

本文はこちらでご覧いただけます。産経ニュース『【TOKYOまち・ひと物語】障害関係なく生きやすい社会を 日本初のソーシャルサーカスカンパニー代表・栗栖良依さん』
https://www.sankei.com/article/20210526-R5KO7XC3MVLB5DQCAVHFWSBBFY/

更新日 : 2021.05.26

2020年度NPO法人スローレーベル活動報告会

活動報告

2020年度NPO法人スローレーベル活動報告会

毎年、6月に開催しているNPO総会にあわせて、今年もオンラインにて一般の方もご覧いただける活動報告会を配信することとなりました。
日頃からご支援いただいている方々に、ぜひSLOW LABELの多岐にわたる活動を知っていただけたらと思いますので、ぜひご覧くださいませ。
また、これを機にぜひチャンネル登録もよろしくお願いします!

2020年度NPO法人スローレーベル活動報告会日程:2021年6月10日(木)10:00公開
配信場所:SLOW LABEL Youtubeチャンネルにて配信
https://www.youtube.com/user/RendezvousProject

更新日 : 2021.05.25

毎日新聞でご紹介いただきました

メディア掲載

毎日新聞でご紹介いただきました

本文はこちらでご覧いただけます。毎日新聞『脳性まひでも挑める空中芸 「ソーシャルサーカス」を見逃すな!』
https://mainichi.jp/articles/20210521/k00/00m/040/304000c

更新日 : 2021.05.23

朝日新聞でご紹介いただきました

メディア掲載

朝日新聞でご紹介いただきました

本文と動画がこちらでご覧いただけます。朝日新聞 デジタル『重い障害抱え励むサーカス 出会い、悟った演出家の思い』
https://www.asahi.com/articles/ASP5Q33C5P5HUQIP001.html

更新日 : 2021.05.22

NEWS ZEROでご紹介いただきました

メディア掲載

NEWS ZEROでご紹介いただきました

NEWS ZEROでご紹介いただいた動画が、日テレNEWS24からご覧いただけます。日テレNEWS24『「ソーシャルサーカス」で多様な社会へ』
https://www.news24.jp/articles/2021/05/24/07877511.html

更新日 : 2021.05.21

California Youth Leadership Summit に参加しました

活動報告

California Youth Leadership Summit に参加しました

アメリカのカリフォルニア州と100を越える国から若者が参加し、Peace・Kindness・Cooperation といったテーマで話し合うサミットの「The Empowerment Summit」というプログラムで、登山家の南谷真鈴さんとプロデューサーとして活躍されているJiami Alexanderさんと「Inclusion」というテーマでディスカッションをしました。

また、SLOW CIRCUS PROJECTが昨年制作したアニメーションMEGが、本サミットの公式ソングとなっている Jagwar TwinのShineとコラボしました。

California Youth Leadership Summit に参加しました

California Youth Leadership Summithttps://youth.socalsistercities.org/

更新日 : 2021.05.12

読売新聞でご紹介いただきました

メディア掲載

読売新聞でご紹介いただきました

本文はこちらでご覧いただけます。読売新聞 オンライン『信頼関係や協調性も学べる場、ソーシャルサーカスで活躍する障害者たち』
https://www.yomiuri.co.jp/national/20210422-OYT1T50185/

更新日 : 2021.04.22

フジテレビュー!! でご紹介いただきました

メディア掲載

フジテレビュー!! でご紹介いただきました

栗栖良依・クリエイティブプロデュース作品 SLOW CIRCUS PROJECT「T∞KY∞ 〜虫のいい話〜」がフジテレビの総合エンタメメディアで紹介されました。

フジテレビュー!!『ダウン症のメンバーが勇気振り絞り…日本初ソーシャルサーカスカンパニーによる公演「リアリティを楽しんで!」』
https://www.fujitv-view.jp/article/post-287560/

更新日 : 2021.04.21

SLOW CIRCUS PROJECTのドキュメンタリー映像作品

出演情報

SLOW CIRCUS PROJECTのドキュメンタリー映像作品

ヨコハマ・パラトリエンナーレ2014で直面した課題を乗越え、2017年には大規模な野外サーカスに挑戦。そして日本初のソーシャルサーカスカンパニー立ち上げ、2021年春いよいよ初公演を開催することに…そこに至るまでの6年間の軌跡を、プロジェクトに関わった人々の声とともにまとめたドキュメンタリー映像です。

a documentary of SLOW CIRCUS PROJECT監督・撮影・編集 : 矢彦沢和音 / 45分15秒
https://youtu.be/cC9L9wj77Ks

更新日 : 2021.04.12

栗栖良依 クリエイティブプロデュース作品

公演情報

SLOW CIRCUS PROJECTの旗揚げ公演『T∞KY∞ ~虫のいい話~』

栗栖良依がプロデューサーをつとめる日本初のソーシャルサーカスカンパニーSLOW CIRCUS PROJECTの旗揚げ公演『T∞KY∞ ~虫のいい話~』の観覧予約が開始しました。

≪公演概要≫

True Colors Circus
SLOW CIRCUS PROJECT 『T∞KY∞ ~虫のいい話~』
日程 2021年4月25日(日)18:00〜
2021年4月26日(月)18:00〜
(上演時間は1時間を予定)
4月25日(日)の回のご予約受付予定枚数が終了いたしました。観覧を希望の方は当日キャンセル待ちでのご案内となります。(定員に達し次第受付終了)
会場 池袋西口公園野外劇場グローバルリングシアター
(池袋駅西口バスターミナル、東京芸術劇場に隣接)
料金 無料(要申込・全席自由席・鑑賞サポートあり)

詳細・観覧申し込みはコチラhttps://www.slowlabel.info/4681/
視覚障害をお持ちの方のための会場までのアクセスhttps://truecolorsfestival.com/jp/program/slow-circus-project-tokyo/access/

プレスリリース PDFhttps://miracle.fan/pdf/20210410_tookyoo_release.pdf
取材案内 PDFhttps://miracle.fan/pdf/20210410_tookyoo_press.pdf

更新日 : 2021.04.10

国際ソーシャルサーカスデーにイベントを開催しました

活動報告

国際ソーシャルサーカスデー

毎年4月の第一土曜日は、国際ソーシャルサーカスデーです。
世界中のソーシャルサーカス団体が、それぞれイベントを開催しSNSなどを通じて交流します。今年は、True Colors FestivalのPRも兼ねて、昨年開発したオンラインサーカススクールを世界中の人に参加してもらう、というイベントを企画してみました。

イベント詳細は、スローレーベルの活動レポートをご覧ください!
https://www.slowlabel.info/news/5117/

更新日 : 2021.04.03

Time Out Tokyo(タイムアウト東京)に掲載されました

メディア掲載

日本博のイベントの中から5つのイベント選んで紹介しました。

Time Out Tokyo『Five events to keep an eye on at the Japan Cultural Expo – with Kris Yoshie』
https://www.timeout.com/tokyo/art/the-top-five-events-at-japan-cultural-expo-kris-yoshie

更新日 : 2021.03.29

SLOW MOVEMENT Showcase & Forum vol.5 に出演しました

活動報告

SLOW MOVEMENT Showcase & Forum vol.5 に出演しましたphoto by Yuko Amano

私が実行委員長をつとめるスロームーブメント実行委員会(NPO法人スローレーベル&スパイラル/株式会社ワコールアートセンター)が、2016年から毎年行ってきた港区文化プログラム連携事業「SLOW MOVEMENT Showcase & Forum」は今回が最終回でした。

今年は、新型コロナウイルスの影響でオンライン開催となりましたが、国内外の多くの方に視聴いただくことができました。また、毎年このイベントの中で披露してきているショーケース作品も今年は完全オンライン制作。海外との往来が厳しい状況下で、オーストラリアの団体と国際共同創作にチャレンジしました。

イベント詳細は、スローレーベルの活動レポートをご覧ください!
https://www.slowlabel.info/news/5091/

更新日 : 2021.03.28

TPAM 2021 グループミーティングに出演します

出演情報

TPAM 2021 グループミーティングに出演します

TPAM(国際舞台芸術ミーティング in 横浜2021)エクスチェンジ「グループ・ミーティング」にて、SLOW CIRCUS PROJECTの活動紹介を行います。当日は、会場、オンラインのどちらかでご参加いただけます。

日程 2021年2月11日(木) 11:00-11:40
会場 BankART Temporary(ヨコハマ創造都市センター)3Fギャラリー
参加費 TPAMプロフェッショナルの参加登録料として3,000円
ホスト 栗栖良依、金井ケイスケ(サーカスアーティスト)

参加には事前登録(有料)が必要ですので、TPAM公式サイトをご確認ください

TPAM公式サイトhttps://www.tpam.or.jp/program/2021/?program=group-meeting#group_39
TPAM2021 オンライン参加のお申し込みhttps://www.tpam.or.jp/mypage/2021/regist.php

更新日 : 2021.02.03

第1回ライトアップ・フォーラムで講演しました

活動報告

1月下旬、参議院議員会館で開催された「第1回ライトアップ・フォーラム」で講演させていただきました。

ライトアップ・フォーラムとは・・・(開催概要・趣旨から抜粋)
コロナ禍で注目される機会の少ない課題や人々の頑張りに光をあることを目的に、2ヶ月に1回程度、民間の方々から現状についてのお話を伺います。その議題が置き去りにされないためにどうすべきかを議論し、本年末に政策提言を行う、自民党・公明党議員と民間有志の勉強会です。

私は、「障害者の舞台活動について」というテーマで15分間のプレゼンと質疑応答をさせていただきました。2012年のロンドンパラリンピック開会式の成功を受けて、日本で障害のある人とない人が共創できる身体表現のワークショップを開催するも、アクセシビリティの課題に阻まれてなかなか障害のある人が参加してくれなかった頃から、アクセスコーディネーターやアカンパニストといった支援人材を開発して人の力で環境改善をはかったところ、たくさんの人が参加できるようになったエピソード。リオ大会を経て、東京大会のパラリンピック開会式のキャストオーディションでは延5000人を越える障害のある人の応募があり、大会が延期された今もなお、9割りを越える人たちが出演を希望している現状について。また、東京2020の開催が決定されてから、多くの共生社会をテーマにしたイベントやプログラムが実施されるも、なお地域社会では本当の意味でのインクルージョンは達成されておらず、テーマが流行化され大会終了後に人々の関心が消えてしまうのではないかと当事者の方々が危惧されている状況。さらには課題として、障害者アート=美術/アール・ブリュットという偏った政策や支援のあり方への疑問と、舞台活動に励む多くの障害者が福祉施設に所属せず個人で活動をされている現状と、支援を福祉法人だけではなく個人に届ける必要性などなど・・・お話しさせていただきました。

国会議員の先生方はじめ、出席者のみなさんが大変熱心に耳を傾けてくださり、講演後もさまざまな角度の質問を投げかけてくださいました。芸術文化は、どうしても娯楽、余暇活動として後回しにされがちな分野ですが、10年ほど障害のある人たちとこうした活動を続けてくる中で、障害当事者やその人に関わる周囲の人やコミュニティにポジティブな変化を生み出す、奇跡のような瞬間をたくさん目の当たりにしてきました。それは、従来の医療や福祉では手が届かなかったことも多く、個人やコミュニティがポジティブに変化することで医療や福祉の負担を結果的に軽減させることに繋がることも多いように思います。必要な人のところに必要な支援が届きますように。

更新日 : 2021.01.31

創造都市横浜でご紹介いただきました

メディア掲載

創造都市横浜で掲載されました

ヨコハマ・パラトリエンナーレ2020の活動が、創造都市横浜のWebマガジンでご紹介いただきました。

アートWebマガジン 創造都市横浜『ヨコハマ・パラトリエンナーレ2020 「our curioCity ‒好奇心、解き放つ街へ」をテーマにオンラインと横浜市役所で開催』
https://yokohama-sozokaiwai.jp/things/22270.html

更新日 : 2021.01.29

読売新聞でご紹介いただきました

メディア掲載

読売新聞・朝刊「顔」のコーナーでご紹介いただきました。

更新日 : 2020.12.20

オフィシャルサイトがオープンしました

お知らせ

このたびオフィシャルサイトをオープンいたしました。
今後、様々な情報をお伝えしていきたいと思っております。
みなさま、よろしくお願いいたします。

更新日 : 2020.12.18